パタヤ夜遊びXYZ

もしかして毎回SIMカード買ってるんですか?

   

AD


待ちに待った訪タイ当日。
バンコクの空港に到着した瞬間の胸の高まりは、
初タイ験の方もリピーターの方も共通して抱くものだと思います。

そんな高揚感と同時に
スムーズにイミグレを通過してカバンをピックアップしたら税関をスルーで通って
一本でも早いバスに乗りたい。
タクシーカウンターが長蛇の列になる前に並びたい。
一刻も早くパタヤに移動してビールが飲みたい…等など
とにかく空港でモタモタしてる暇はない!という気持ちに駆り立てられます。

早くパタヤに行きたい。。。と数ヶ月思い続けるわけですが
その気持ちが最高潮に達するのがバンコクの空港に着いた瞬間ではないでしょうか。

そんな中、空港で多くの方が利用するSIMカード販売カウンター。
利用するパッケージプランを選んで、料金とスマホをスタッフに渡すと
開通から設定まで手際よくやってくれます。

スムーズに設定が進めば数分で終わるのですが
言語設定を日本語のまま渡してしまったり
何らかの事情で設定がうまく進まないと10分以上かかる事も…

また、同行者が数人居て
みんながSIMカードを購入するとなると掛かる時間も数倍になってしまい
空港についてからドンドン時間が過ぎていってしまいます。

毎回毎回、空港で新しいSIMカードを購入するのではなく
一度購入したものを維持し続ければ、空港でモタモタすることなく
スムーズにバスやタクシーに乗り込んで移動が開始できるのでお勧めです。

そこで今日はSIMカードを維持する方法とコストを取り上げてみたいと思います。

数社あるタイの携帯電話キャリアですが、
今日は私も愛用中のAISのSIMを維持する方法について書きます。

まず、空港に着いたらAISのカウンターに向かいます。
ドンムアンの場合は税関を抜けて到着ホールに出たら左奥にあるSIMカード屋さんで『AIS』と指定してください。

そこでプランが書かれた紙を提示されますので、ご自身が使いたいプランを指差して
料金とスマホを手渡せばアクティベーションから設定まで行なってくれます。

多くの方が『1週間ネット無制限(1Gから速度制限)299バーツ』のようなプランを選択されると思います。
勘違いしてしまいそうですが、そのSIMカードの有効期限が1週間というわけではありません。
『1週間ネット無制限というプランに申し込んだ』というだけでSIMカード自体の有効期限は、購入から2ヶ月ほどです。

設定が済んで、預けていたスマホを返してもらったら
SIMの有効期限を確かめてみましょう。
*121# に電話を発信すると、残高と有効期限が表示されます。

ここで表示される残高は電話を掛けたり、アドオンプランの購入等で減っていき
コンビニやキャリアのショップでトップアップすると増えます。
そして1回のトップアップ毎に有効期限が1ヶ月ずつ、最長1年まで延長され
同じSIMカード、同じ電話番号を維持できるようになるのです。

この最長1年間というのは、SIMカード購入からではなく
最後のトップアップからですから
有効期限が切れる前にトップアップを繰り返す事で、延長され続けるのです。

コンビニで簡単に手に入るトップアップカードを利用するといいでしょう。
レジで『AIS 50baht topup card please.』これで通じます。
スクラッチタイプのものとレシート状のものがありますが、どちらにも16桁のID番号が書いてあります。
*120*(16桁のID)# を発信すると残高が補充され、補充完了のSMSが届きますので
残高が増えたことと有効期限が延びた事を確認しましょう。

こうして期限の延長を繰り返していくと残高がドンドン貯まっていきます。
その残高をどう使うかと申しますと、次回の訪タイ時にネットのプランの申し込みに使います。

飛行機を降りて喫煙所で一服しながら、
またはイミグレで並んでいる途中やカバンがターンテーブルに乗って現れるのを待ってる間などに
*777*74# と打ち込んで電話発信してください。
そうすると『1週間ネット無制限(1Gから速度制限)』が申し込まれ、利用開始となります。
料金は249バーツ。残高から引かれます。

こうする事で空港でモタモタと無駄な時間を過ごさなくて済みますね。
次回訪タイ時までギリギリの期限延長ではなく、
急な予定変更で訪タイがキャンセルになっても大丈夫なように
目一杯1年間の延長をお勧めします。

✿✿✿✿✿↓重要↓✿✿✿✿✿
通常、日本のキャリアで販売されているスマホにはSIMロックが掛かっており
日本でご利用中のキャリア以外のSIMカードを挿入しても使用できません。
タイで現地のSIMを利用するにはdocomoショップやauショップなどに行き、ロック解除してもらうか、新しくSIMフリー機を購入する必要があります。
Amazonや楽天でも販売されていますし、お安いものですと1万円以下で手に入りますよ。

✿✿✿✿✿↑重要↑✿✿✿✿✿

 - バンコク便利情報, パタヤ便利情報, 便利情報

●管理人にメール●
コンタクトフォーム

●管理人を応援●
↓ポチっとコップンカップ!!
キングオブタイナイト