パタヤ夜遊びXYZ

JAL修行沖縄シンガポールタッチとゲイラン置屋調査

   

AD


行ってまいりました。

初めてのゲイラン置屋巡り。

夕方17時半頃にシンガポール チャンギ国際空港の第1ターミナルに到着し
20分ほどイミグレに並んで入国を果たすと
予約していたホテルや、今夜の夜遊び調査対象の置屋街があるゲイラン地区までを繋ぐ電車に乗る為
第1ターミナルから第2ターミナルまでスカイトレインに乗って移動しました。

街までの電車は第1ターミナルからは出ておらず
第2か第3ターミナルまで移動する必要があるんですね。

まずは空港内の案内表示”Skytrain to T2″という文字を追ってターミナル2まで辿り着くと
今度は”Train to City”という表示の通りに進めば簡単に電車の乗り場まで行く事ができます。

翌日はそれなりに観光もする予定もありましたし
来月もシンガポールに来る予定なので
毎回毎回通常の切符を買うよりは
ICOCAやPASMOのようなチャージ式のカードの方が便利だという事もあり
EZ-LINKカードというものを購入しました。
チケット券売機の近くのTicket Officeというところで購入可能です。

12SGD、960円(1SGD=80円計算)でカードを購入。
5SGDはカード代として支払う為、7SGDがチャージされている状態ですね。

400円程で毎回券売機に並ぶ必要がないことや
小銭を用意する必要がないので、アリっちゃアリでしょう。

途中、1回乗換えがありますが
電車内、ドアの上の部分に電光式の路線図が表示されていて
特に迷うことなくゲイラン地区の最寄り駅、Aljunied駅に到着しました。
空港で電車に乗り込んでから20~30分程度だったかと思います。

実はこの時、私はまだ現地のSIMカードを購入していませんでした。
1泊だけだし、空港でSIM売り場を見かけなかったので
今回はSIM無しで行こうと思っていました。

さて、駅からホテルまでの道のりですが
現地のSIMカードがあればGoogle Mapなどを頼りに歩く事になるでしょう。
しかし、この時の私のスマホにはタイのSIMカードが挿入されていて
データローミングはオフにしてありました。
つまりwifiがなければネットに繋がらない状態です。

この状態でもGoogle Mapのように
現在地を表示しながら目的地までの道を確認する事を可能にしてくれるMAPS.MEというアプリを利用しました。

予め、地図をダウンロードしておけば
ネットに接続されていなくても地図と現在地を表示してくれる優れものです。
このアプリのおかげでホテルまでの道のりも全く迷いませんでした。

ちなみに今回のお宿、ホテル 81 スターは、ゲイラン地区の置屋街のど真ん中に位置していて
置屋捜索の拠点としては抜群の立地です。

決して広くはない客室ですが、まだ建物も新しく清潔で
ホテル代が高いシンガポールにおいて
このエリアというのは非常にお安く泊まることが出来るので
置屋だらけの通りや立ちんぼもちらほら立っている景観が気にならない観光客などにも
多く利用されていて
我々のような夜遊び隊にとっては、非常に好条件でございました。

チェックインして荷解きとシャワーを済ませると早速ホテルを飛び出します。
もうホテルの出口から向かい側の置屋が目に入りますが
まずは腹ごしらえとビールをいただくために、それらしい方向に向かって歩き出しました。

ホテル周辺には、そこらじゅうに食堂とフードコートを足したようなお店が点在していて
食事に困る事もありませんでした。

適当なお店で適当な料理を指差しで注文。
食事も飲みもサクッと済ませられますが
シンガポールはビールが高く、私のような飲兵衛にはお財布に優しくありません。

焼きそばのような、ミーゴレンのような料理に目玉焼きと手羽先の唐揚げを乗っけて4SGD(320円)。
それにビール大瓶2本で14SGD。
合わせて18SGD(1440円≒480THB)です。

ん~~、お財布に優しくありませんねぃ。

お腹も満足してビールで足が軽くなると
辺りの置屋をチェックしに回りました。

数限りなくある置屋の中から、ネット情報などで目ぼしいお店を10軒ほどピックアップしていたので
近いところから順番に見て回りますが、ピンと来る女性が見つかりません。

1軒に待機している女性が、少ないところだと2名から
多いところでも10名も居ませんので
何軒も何軒も見て回るのに疲れてしまいますね。

数十人規模の女性を一堂に揃えているMPのようなお店であれば数店巡るのもアリですが
そもそも一緒に飲んでから相手を決めたいGoGoバー派の私にとって
ちまちまと数人の女性を見ては別のお店に入りというのを繰り返すのは苦痛でしたね。

しかもピンと来る女性が居ないとなれば
無駄な体力と時間を費やすのは止めようという考えに辿り着くまで
1時間も掛かりませんでした。

ホテル代や飲み代など物価が高く
国民性がほぼ中国人という国ですから居心地も良くありません。

それでいて遊びにくいとなると
もう特に他の用事がなければ行く必要もありませんよね。

パタヤvsゲイラン
こんなの比べる人も居ないと思いますが
比べるまでもなく私の好みで答えるとパタヤの圧勝です。

【獲得FOP】
関西-沖縄 先特クラスJ 1,256FOP
沖縄-羽田 国際線 クラスJ(当日UG) 2,564FOP
羽田-シンガポール エコノミーL 2,884FOP
シンガポール-羽田 エコノミーL 2,884FOP
羽田-沖縄 国際線 クラスJ(当日UG) 2,564FOP
沖縄-関西 先特クラスJ 1,256FOP
合計13,408FOP

累計22,850FOPとなりました。

 - 2017年4月ゲイラン, JGC

●管理人にメール●
コンタクトフォーム

●管理人を応援●
↓ポチっとコップンカップ!!
キングオブタイナイト