パタヤ夜遊びXYZ

パタヤのMPって実際どうなの?

   

AD


豊富にあるタイの夜遊びの中で、
明るい時間から営業していて手っ取り早く遊べるところといえば
MP(マッサージパーラー)が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

バンコクにはラチャダーピセーク・ペッブリー・ラマ9世等の大きなエリアに
多くのMPが軒を連ねており、嬢の容姿レベルや年齢、そして入浴料など
各店がそれぞれの特徴を持って営業しています。

そんな中でも、日本人から絶大な人気を誇るナタリーは
読者様の中にも多くのファンがいらっしゃるのではないでしょうか。
ラチャダー地区にあり、BTSフアイクアン駅の3番出口から徒歩3分と立地条件も抜群です。

お店の場所も非常にいいのですが、これだけの人気を誇る理由は
やはり嬢の容姿レベルが大きな要因となっている事はご周知の通りだと思います。
私もタイに初めて来る友人を案内する際は、
迷わずナタリーに連れて行きますね。

そんなナタリーですが
『顔が可愛いだけでサービスが悪い』と言うような方や
『少々のブサイクでもサービスが良い嬢の方がいい』と言った声は少なからずあり、
そういった方にとっては良いお店では無いようです。

サービスの良さを取るか、容姿の良さを取るか
人それぞれですね。
両方を兼ね備えた大当たり嬢に出逢えた時の感動は格別だということは言う迄もありません。

私の次回の訪タイ予定は1月後半なのですが、
ナタリーで遊ぶ為だけに初日のみバンコクでホテルを取りました。
バンコクで遊ぶのは2年ぶりなので、ソイカやナナプラザのゴーゴーバーも楽しみたいと思っています。

さて、バンコクには多くのお店があるMPですが、パタヤではどうなのか。
店舗数や嬢の容姿レベル、入浴料等
今日はパタヤのMP事情を取り上げたいと思います。

まず店舗数ですが、バンコクのように多くはありません。
バンコクのラチャダー地区を例に取ってみると、南から順番に
エーライナー、ロードパレス、ナタリー、エマニュエル、シーザー、ポセイドンと
大通り沿いの店舗だけでもこんなにあります。

パタヤにあるMPの数は、ノースパタヤエリアとサウスパタヤエリアを合わせても7~8店舗です。
数が多けりゃ良いというものでもありませんが、
店舗数としてはバンコクよりかなり少ないですね。

続いて、嬢の容姿レベルですが
ナタリーのように日本人好みの嬢を多く揃えているお店はありません。
が、ナタリーに居てもおかしくないような子がお猿さんの中に紛れている事はあります。

パタヤでMPに入る際、容姿を重要視する方は
ノースパタヤのサバイルームかハニー2に行きましょう。
私はかなり容姿を重要視するのですが、この2店舗以外は食指が動いた事がありません。

容姿レベルではバンコクに完敗のパタヤのMPですがサービスでは期待できますよ。
おそらくナタリーのハズレ嬢のような地雷を踏む確率は、
バンコクに比べると断トツに低いはずです。
それに、パタヤではサイドラインやモデルを選んでもマットプレイが標準装備されているんですね。

そして入浴料は、1800~2200バーツと
バンコクのナタリーに比べると非常にリーズナブルという事もあり私的にはパタヤのMP、悪くはないと感じています。
可愛い子と出逢える可能性の高いお店を2~3日パトロールしてると必ず好みの子には出逢えるでしょう。

 - パタヤ現地情報, 現地情報

●管理人にメール●
コンタクトフォーム

●管理人を応援●
↓ポチっとコップンカップ!!
キングオブタイナイト