パタヤ夜遊びXYZ

肉食う→GoGoパトロール2日目

   

AD


軽く仮眠を取ってから部屋を出たのが19時頃でした。

まずは腹ごしらえです。
がっつりステーキでスタミナを蓄えようとやって来たのは
有名店Beafeaterの対面のお店
ベルギー料理レストランのPatrick’s Belgian Restaurantです。
場所はキスレストラン脇のアーケード内ですね。

前回の訪タイ時に、ココのマッシュルームクリームソースに惚れてしまい
ステーキと言えばココという事で再訪問しました。

席が満席という事でしたので諦めようとしたその時
たまたまのタイミングで一組が食事を終えてチェックを申し出てくれたので
待つこと1分で着席できました。

前回はメニューの最初のページの一番上に掲載されているbudget steakを注文しましたが
同じお肉の同じ部位で、もう少しボリュームのあるものを注文。
ソースはもちろん前回と同じマッシュルームクリームソースです。

dav

ベルギービール2本とフィレステーキ(250g)で1,200バーツ程。
タイでの食事としては高価ですが
同じお肉を日本でいただく事を考えれば非常にお得感はありますね。

 

食事を終えると早速パトロールの開始です。
まずはステーキを頂いたPatrick’sから程近いソイLKメトロのバチェラーからお邪魔しました。

時間は21時前。
前々回の訪タイ時は早い時間はそれなりに綺麗どころも居たので
少なからず期待して入店したのですが
大きく肩透かしを食らってしまいました。

まるで深夜2時のようなラインナップで
顔見知りのウェイトレスと他愛ないお話をしながらビールを1本いただいてチェックビンしました。

 

お次はオフィス
バチェラーと同様、21時と感じさせない安定の場末感が漂っていました。
単独でお邪魔するには空気が重過ぎて 笑
ここでもビール1本でチェックビンとなりました。

250gのステーキとビール数杯、それにバチェラーとオフィスの場末感が相まって眠気を感じてしまった私は
LKメトロでのパトロールは切り上げて
手っ取り早く元気になれる雰囲気を求めてWSに移動します。

WSに到着して最初にお邪魔したのはサイモンバービア群の一角に新しくオープンした
フロッグクイーン

時間は21時半です。
ダンサーのラインナップとしては悪くない印象を持ちました。
選べそうな子が4名くらい居ましたよ。
そのうちの1人を呼んで2杯ほどお相手していただきました。

22時からショーが始まるとの事でしたので見てから退店したのですが
なんの事ないシャワーレズビアンショーでした 笑

ステージは客席ソファの正面なのですが、ショー専用のステージは客席から見て右奥なので
見てると非常に首が疲れます 笑
首が痛いのを我慢してみるほどのモノではありませんでした。

 

お次はスカイフォール
気のいいマネージャーに挨拶を兼ねてお邪魔しました。

いつも通りの面子でワイワイキャッキャと酒盛りをしましたが
何ら新たな発見や出逢いは無く、ただの少しエッチな飲み会ノリ。
これはこれでアリです。

 

スカイフォールを出ると時間が深夜を過ぎた頃でしたので
昨日お喋りした小柄の黒髪ロング嬢に会いにスーパーガールを訪問しました。

入店するとすぐに見つけて駆け寄って来てくれましたが
昨日の印象より可愛さ3割ダウンでした 笑

これ、酔っ払ってると良くありますよね。
酔っ払い度が高ければ高いほど、接してくれた女性の可愛さが上方補正されてしまい
翌日に会いに行くとそんなに可愛くも無かったなんて事は
パタヤでは毎度のように経験してしまいます。

そんなこんなで適当にテキーラを数杯奢ってお話してたのですが
ウェイトレスから何やら受け取ってゴソゴソとし始めたかと思うと目の前に出てきたのは
ベビースターラーメン的な何か 笑

1.インスタント麺の袋を開ける
2.付属の粉末スープを全体にまぶす
3.軽く麺を砕きながらシェイク

という手順で作るそうです。

どんなラーメンでも作れるわけではないようで
これじゃなきゃダメ!と言っていたので一応スマホで写真を撮っておきました。IMG_20170120_000505

意外と普通に美味しかったですよ 笑

何だかんだで1時間ほど飲んで退店すると時間は1時半頃でした。

やはり単独でのパトロールは疲れを感じるのが非常に早く
この日もこれにて打ち切りとしました。

 - 2017年1月パタヤ, パタヤグルメ情報

●管理人にメール●
コンタクトフォーム

●管理人を応援●
↓ポチっとコップンカップ!!
キングオブタイナイト