パタヤ夜遊びXYZ

2017年 JALでステータス達成を目指します

   

AD


我々のように年に何回も海外に遊びに行く者にとって、
毎回掛かってくる飛行機代は馬鹿になりません。

安いチケットで渡航費を浮かせた分
少し贅沢なホテルを手配したり、現地でのお小遣いに回したりと
遣り繰りをされている方も多いのではないでしょうか。

はたまた、LCCには乗りたくないという事で
毎回決まってJALやTGという方も少なくはないようです。

私なんかは訪タイ初心者の頃はTGが多かったのですが
職場の仲間を数人引き連れて訪タイするようになってから
「安くないと行けない!」という人間が現れたり
エアチケットの金額を伝えた時に「安っっっ!!」と言われるのが快感だったりで 笑
知らず知らずのうちに、とにかく安くエアチケットを手に入れることに執着していて
結果的にLCCばかりを利用するようになっていました。

去年11月の訪タイ時に
たまたま見つけた激安セールチケット(KIX-BKK往復26,000円)でベトナム航空を利用した際
レガシーキャリアの客層や機内でのサービスの素晴らしさが身に染みてしまい
LCC卒業を何となく意識し始めたのです。

そして今年1月初旬。
エアアジアとスクートが開催していたお年玉セールという格安料金に釣られて
急遽、訪タイが決定したのですが
往路では特に何のストレスも感じなかったものの
復路ではストレスがMAXの状態に昇ってしまいました。

まず出国審査の列に大量発生する大陸からの観光客の方々。
彼らが順番抜かしする事なんて織り込み済みなので
そんな事ではイライラしません。
しかし、自分の順番が来て入管職員の前に立ってからパスポートを探す者や
出国カードを無くしてしまってカバンの中をガサガサと探す者など
全くスムーズに列が進みません。

喫煙所に入れば砂の灰皿にペッペと唾を吐き
何メートル離れた人間と喋っっとんねん!と突っ込みたくなるような大きな声で電話をする者。

搭乗口のイスには彼らが食い散らかしたマクドナルドの包み紙や飲み残しのカップ。

このストレスは搭乗後も続きます。
次の日からの激務に備えて機内では体を休めようと
私が事前に座席指定していたクアイエットゾーンでズーーーーーっとデカい声で話し続ける2人組のオバさん。
(この方は日本人でした笑)

などなど
せっかくの訪タイで満たされた心が全て帳消しになってしまうほどの劣悪な環境で
もうよほどの事がない限りLCCに乗るのはやめようと思わざるを得ない気持ちになってしまいました。

どうせレガシーキャリアに乗るならステータス獲得を目指したくなるものです。
以前から、仕事でベトナムに行く際はベトナム航空を利用しており
年間30回の搭乗でラウンジ利用やビジネスカウンターの利用が受けられるステータスを達成できるという事は知っていましたので
マイレージプログラムにログインして自分の2016年度の搭乗回数を確認してみました。

体感的には15回前後は乗っている感覚だったのですが
サイト上に映し出された搭乗回数は何と6回。
記憶に残っている搭乗も含まれておらず、困惑してしまいましたが
ネットで色々と調べてみると理由が発覚しました。

予約クラスによってはマイルも搭乗回数も追加されないそうで、
これはJALでもANAでもあり得る事でしょう。
たとえば旅行会社のパッケージツアーなんかで搭乗した場合
マイル加算対象外なんて事も多々あるのですが
私が乗ったベトナム航空は、全て公式サイトで購入したチケットです。

公式サイトで購入したチケットでも
運賃種別によってはマイルも搭乗回数も加算されない航空会社なんてあるんですね。

ベトナム航空は関西からバンコクの直行便がなく
ハノイかホーチミンで乗り継ぎの必要があるので、訪タイに利用するには少し不便ではありました。

ならばと、直行便があって信頼できる日本の航空会社でステータスを取ろうと
JALのステータスについて調べ始めました。

ラウンジ利用やビジネスカウンター利用などのサービスが受けられるステータスは
サファイア会員と呼ばれる会員クラスのようです。

サファイア達成には1月1日~12月31日までの期間中に
JALグループか提携航空会社に50回以上の搭乗(うち25回以上はJALグループに搭乗)するか
5万フライオンポイント以上(うち25000フライオンポイント以上はJALグループに搭乗)を積算する必要があるとの事。

達成条件やフライオンポイントの計算方法などは
たくさん優秀なブログが存在していますので別でお調べください 笑

google検索でこのブログが引っかかってしまって
健全なステータス修行僧の目を汚したくないので詳しく書きません。

達成条件を満たす為にはJALカードを保持していた方が非常に有利で
しかも達成後、そのステータスを半永久的に維持できるJGCという会員に移行する際には必要不可欠という事でしたので
サクッと申し込み、先日そのカードが手元に届きました。

尚、JALカードの中でも様々な種類のカードが用意されており
物によってはJGC移行に使えないものもありますので、ご注意ください。

何度も申し上げますが、健全なJGC修行僧の検索に引っかかりたくないので詳しくは書きません。

クラブAというカードが良いですよとだけ申し上げておきますね。
(※ディズニーデザインはダメ)

カードも手元に届き、ネットで達成条件やポイント積算のルール
計算方法などを調べて把握した私は
早速ステータス達成に向けて旅行計画を練り始めました。

効率よくポイントを稼ぐために沖縄に行ったりシンガポールに行ったりと
今年はタイ以外の場所の夜遊び情報も発信できそうです。
お楽しみに。。。


 - JGC

●管理人にメール●
コンタクトフォーム

●管理人を応援●
↓ポチっとコップンカップ!!
キングオブタイナイト