パタヤ夜遊びXYZ

訪タイ初心者が知っておきたい3つの注意点

   

AD


あと数日で3月も終わろうとしています。
クソ寒い季節が終わりいよいよ暖かくなってきましたね。

4月にはソンクラン、5月にはゴールデンウィークと
訪タイされる方も多い時期ではないかと思います。

初めての訪タイは、タイリピーターの先輩に連れられてという方も多いのではないでしょうか。
物価の目安やチップの相場
お店やホテル、乗り合いの乗り物での作法など
色々と教わって徐々に立派なタイ中毒患者へと成長していくのであります(笑)

そんな中、初めての訪タイが単独での訪タイという方もおられると思います。
私もそうでした。

ネットで集めた情報だけを武器に
1人でタイの夜遊びという底なし沼へと歩を進める人にとっては
その場で遊び方や注意すべき事をレクチャーしてくれる人もおらず、
無駄な失敗をしてしまう可能性も非常に高いと言えるでしょう。

今日は、単独で初訪タイを遂げようとする方に向けて
私が訪タイ初心者の頃にしてしまった失敗から
特にご注意いただきたい3つの事をご紹介したいと思います。

1.キャッチについて行くな
バンコクのパッポン通りやパタヤのWS(ウォーキングストリート)を歩いていると
A4サイズほどのビラを持った男が「Sexy show!」などと声を掛けてきますが
奴らについて行ってはいけません。

多くのサイトやブログで紹介されているゴーゴーバーとはかけ離れた
ただのお化け屋敷で、
ババァがアソコにピンポン球を出し入れしたり
アソコに筆を突っ込んで紙に「Welcome」と書いたりするだけの(笑)
グロ閲覧注意ショーを見せられ
法外な金額を請求されるボッタクリバーの可能性が非常に高いのです。

この弱小ブログに辿り着いた皆様は、
きっと多くのブログや関連サイトをご覧になっていると思います。

その中でご覧になったことがあるバーやお店に
自分の足で向かうようにしましょう。

再度、申し上げます。
キャッチについて行ってはいけません

2.物乞いに餌を与えるな
タイ、特にバンコクの道を歩いていると
道端で赤ん坊や子犬を抱いて座り込んでいる物乞いを目にします。

初めてその光景を見た人は
「小さな子供もいるのに住む所もないのか、可愛そうだなぁ」と思うでしょう。

大丈夫です。
彼女らは本当の物乞いではありません。
ビジネス物乞いなのです。

赤ん坊や子犬を連れて座り込むことで
通行人の同情を買い、小銭を獲得しているのです。

朝晩の2交代制で、ハイエースに乗ってやってきて
次の物乞いを送ってきたハイエースに乗って帰っていきます。

流石にハイエースの話をタイの女性に聞いた時は嘘だと思いましたが
数回、その瞬間を目撃しました。

ここで得られた売り上げ金は、マフィアの資金源となっており
物乞い役の役者にもそれなりのギャラが支払われています。

餌をやるなら、それを理解した上でやりましょう。
親切心を裏切られないようにご注意ください。

3.信じられないほど綺麗な男性も居る
これに関しては、タイ関連のサイトやブログだけでなく
テレビなどでも取り上げられているので
ふんわりとご存知の方も多いでしょう。

しかし、実際に彼女(彼)らを目の前にすると
想像以上に上手く化けていて
言われなければ気づかないような
女性らしさを醸し出しています。

顔はもちろん肩幅や手の大きさ
仕草や声まで女性そのものと言った男の娘も多く存在するので
どうしてもダメという方は事前に確認した方が良いでしょう。

因みに私が初めてタイで関係を持ったのも
工事済みの男の娘でした。

事をいたした後も、
本人から言われなければ分からないレベルの完璧な工事がなされていて
現代の性転換手術の技術に度肝を抜かれました。

私は男の娘もウェルカムなので
むしろラッキーでしたけどね(笑)

 

以上、私が訪タイ初心者の頃に経験した失敗から
特に注意していただきたい3つのポイントをご紹介させていただきました。

訪タイに慣れた方には当たり前のような事も
初めて、しかも単独での訪タイとなると知らない事だらけです。

こんな私で良ければ
私の知識の範囲内でメールでご相談に乗りますので
どんな事でもお問い合わせ下さい。

 - タイ夜遊び講座

●管理人にメール●
コンタクトフォーム

●管理人を応援●
↓ポチっとコップンカップ!!
キングオブタイナイト