パタヤ夜遊びXYZ

2016年1月訪タイ 掛かった費用とホテルレビュー

   

AD


今回の訪タイで掛かった費用です。

エアアジア往復運賃31,000円
+(クアイエットゾーン指定&受託手荷物20kg)
=46,000円

ホテル
バンコク アソーク スイーツ ホテル
朝食なし1泊4,200円(税・サ込み)

パタヤ ザ シーナリー シティ ホテル
朝食付き5泊34,000円(税・サ込み)

以上、合計84,200円が出発前に掛かった費用です。

 

続いて現地で使った費用

タイ在日数6日×3万円
18万円

+前回訪タイ時の残金、3800bahtを日本から持参したので
合計すると192,000円ほどでしょうか。

 

総額276,200円となりました。

想定していたよりも、かなりお安く済みました。
ハイシーズンの価格高騰が少ないホテルを利用したという事と
会えたトモダチが少なかった事が主な要因と考えられます。

さて、今回利用させていただいた
バンコク アソーク スイーツ ホテル と パタヤ ザ シーナリー シティ ホテル
私なりに各ホテルをレビューさせていただきます。

まずはアソーク スイーツ ホテル
立地は文句なしのターミナル21まで徒歩2分。
BTSアソーク駅、MRTスクンビット駅の目の前
アソーク交差点の南東角です。

スクンビット通りに面していて、バンコクに不慣れな方でも迷わず辿り着けるでしょう。

1階のフロント前がカフェになっていて
狭いスペースにテーブルが並べられている為、ロビー的なものはなく
送迎バンやタクシーを待つには
前の歩道に出なければいけません。

部屋の設備は老朽化が進んでおり
廊下、エレベータ等の共用部分に関してもお世辞にも綺麗とは言えません。

ホテルというよりゲストハウスといった印象でした。
寝られたら良いという方以外は満足度が非常に低くなるホテルだと思います。

 

続いて ザ シーナリー シティ ホテル
なかなかの劣悪ホテルからの移動とあって
チェックインして扉を開けた際の感動はひとしお。
広々とした空間に差し込む明るい日差し
調度品の1つ1つも、まだ新しさが残る2014年新築のホテルです。

112リットルの特大スーツケースを開いたままでも
生活空間を圧迫することなく、広さ清潔さ共に満足のホテルでした。

シャワーの湯量、温度も申し分なし。

強いてマイナスポイントを挙げるとすれば
ドライヤーが備え付けられていない事と、洗面台のスペースが小さめという事ぐらい。

立地良し、コスパ良し。
毎回ホテルを変えるのが好きな私ですが
定宿化も考えてしまうほど満足度が高いホテルでした。

 - 2016年1月バンコク・パタヤ, バンコクホテル, バンコク現地情報, パタヤホテル, パタヤ現地情報, ホテル, 旅行記, 現地情報

●管理人にメール●
コンタクトフォーム

●管理人を応援●
↓ポチっとコップンカップ!!
キングオブタイナイト