パタヤ夜遊びXYZ

胸を躍らせながら2年ぶりのナタリーに入店してみた結果

   

AD


バンコクに到着しました!の続きです。

交通の乱れも全くなく、予定通り20:18頃に関西空港に到着しました。
関空リムジンバスの降り口は、4階の国際線出発階です。

チェックイン開始まで40分ほど時間があったので
2階の国内線階に降りて、TSUTAYAで本を物色したり
ローソン前の喫煙所でタバコを吸って時間をつぶしました。

20:50頃、4階の国際線出発階
エアアジアのチェックインカウンターに行くと
すでに多くの人たちが並んでいました。

その列を先頭まで進むと、
「Webチェックインがお済みでないお客様」と書かれていて
「Webチェックイン済みのお客様」の列には、わずか4〜5人しか並んでいませんでした。

私はWebチェックインを済ませておいたので
長い列の方にならばず、10分ほどでチェックインを済ませて
再び2階、国内線階にあるそば屋さんで最後の日本食をいただきました。

22:30頃、保安チェックを受けて出国審査場に向かいますが
ここも長蛇の列が出来ています。

私はまだ自動化ゲートの申し込みをしていませんので
しかたなく列に並び、15分ほどかけて出国しました。

搭乗開始の予定時間は23:30ですが、23:40分になっても搭乗が始まりません。
エアアジアでは毎度の事ですね。

結局、関西空港を飛び立ったのは
出発予定時間の0:10を過ぎていました。

バンコク ドンムアンに到着したのは4:50頃。
予定より50分も遅れていました。

降機後、喫煙所に直行してニコチン補給を行います。
たっぷり時間をかけて4本ぐらいタバコを吸うと、ゆっくり歩いて入国審査場に向かいタイ王国に入国。
カバンをピックアップしてタクシーに乗り込みアソークスイーツに到着したのは8時頃でした。

すぐにチェックイン出来たのは良かったのですが、部屋のショボさに驚きました。
2年ぶりに訪れたバンコクで、パタヤとの物価の違いを感じながら夜まで仮眠を取ります。

途中、何度か目が覚めてコンビニに行ったりブログを更新したりしました。
そして19時になり、シャワーと身支度を済ませてBTSスクンビット駅からフアイクアン駅まで電車で向かうのですが
通勤ラッシュで車内は満員。
バカンス中に通勤ラッシュに巻き込まれるなんて、ツイていません。

フアイクアンに到着すると、まずは1番出口から出てセブンイレブンで儀式を行いました。
それから再度、地下に戻って3番出口から出ると
もうエマニュエルの看板が見えてきて、その向こう隣がナタリーです。

2年ぶりのナタリーに胸を躍らせながら入店します。
・・・が、私の記憶に残っているモデル事務所の控え室のような景色は拝む事が出来ませんでした。

嬢のレベルが落ちたのか、その日はたまたま可愛い子が居なかったのか
それとも私の好みが変わったのか。
とりあえずテーブル席に座ってビールを飲みながら嬢の入れ替わりを眺めていましたが
レベルは変わらず、「可愛くもないマグロは嫌だ」(笑)との判断に至ったため
入浴を断念して、これまた懐かしのソンブーンシーフードに入店しました。

もちろんお目当はプーパッポンカリーです。
食べやすい殻なし(only meat without shell)を注文しました。これをライスにぶっかけていただきます。

私はココでしかプーパッポンカリーを食べた事がないのですが、
殻なしを提供しているお店がパタヤにあれば行ってみたいと思っています。
どなたか、パタヤで美味しい殻なしプーパッポンカリーが食べられるお店をご存知でしたら
是非コンタクトフォームから教えて下さい。

お腹を満たしたらタクシーでソイカウボーイに向かいました。

ナタリーが期待外れだったので、ゴーゴーバー巡りで挽回すべく
タクシーから降りた私はネオンの海の中に歩みを進めて行きました。

つづく

 - 2016年1月バンコク・パタヤ, 旅行記

●管理人にメール●
コンタクトフォーム

●管理人を応援●
↓ポチっとコップンカップ!!
キングオブタイナイト